CREATING KASHIWA’s
PLATFORM

まちのプラットフォーム

プラットフォームと関係してる記事

まちのプラットフォームづくり

柏セントラルは大型店、商店会、団体、学生、市民など多種多様な方々が存在します。
UDC2はそれらの方々が関わり合い、響き合うようなプラットフォームとしての役割を担います。
交流人口を増やすためのイベントの実施や、多世代交流の場づくり、市民活動のサポートなどに取り組んでいます。

CREATIVE EVENT / にぎわい創出イベント

グランドデザインではまちづくりのテーマの一つとして「街の魅力や拠点性を高めて交流人口※を増やす」を掲げており、交流人口を増やすための具体的な手法として、にぎわいを生む魅力的なイベントの実施を行っています。柏セントラルには大型店、商店会、団体、学生、市民など多種多様な方々が存在しますので、UDC2はそれらの方々が関わり合い、響き合うようなプラットフォームを作ります。将来を見据え、あくまでも実施するのはまちの方々に。UDC2はそのための土台(プラットフォーム)を作り、素晴らしいイベントになるよう支援します。
※交流人口:街の外から柏セントラルへ訪れる人々の数

No items found.
STREET PARTY / ストリートパーティー

柏セントラルを調査したところ「子ども・高齢者の居場所がない」「子どもが安全にあそべない」「多世代交流をしたい」などコミュニティに関わる課題が挙げられました。
UDC2ではその解決策の一つとして、ロンドンの「ストリートプレイ」を参考にしています。「ストリートプレイ」では、住民自治の下、道路があそび・憩いの空間として活用されており、コミュニティの育成に役立っています。今後、柏のストリートで多くの人が関わり、より良いコミュニティが育まれることを願いこの事業を始めました。最終目標はみんなが運営者でありながら、みんなが参加者になることです。

ACTION SUPPORT / まちなかアクションサポート

グランドデザインでは市民が主体となった「にぎわいの創出」をまちづくりにおける重要な要素の一つと捉えており、本事業はそのような市民活動団体等のまちづくり活動(「まちなかアクション」)をUDC2がサポートする事業となります。
まちなかアクションをサポートすることにより、柏セントラルの「にぎわい創出」「イメージアップ」「居心地の向上」「駅周辺の回遊創出」などを目指します。同一のアクションに対しては3年を上限とすることにより、団体の自立を促すことも重要視しています。
※2018年度より、「プロジェクト提案」から事業名を変更しています。

プラットフォームと関係してる記事